M&A助言 野村が首位 昨年、国内案件が大型化

2020/1/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2019年の日本企業関連のM&A(合併・買収)助言ランキングで野村証券が金額ベースで2年ぶりに首位(前年は5位)となった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が僅差で2位(同首位)につけたほか、みずほフィナンシャルグループは3位(同6位)に浮上。M&A市場ではこれまで海外企業の買収案件などの助言で外資系証券が優勢だったが、19年は国内案件の大型化を追い風に国内勢が躍進した。

19年に日本企業が関わ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]