/

この記事は会員限定です

米議会、制裁強化を提言

中国のウイグル族弾圧巡り 最先端技術の販売制限

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】中国の人権状況を監視する米議会の超党派委員会は8日、2019年版の報告書をまとめた。広範囲にわたり人権状況と法の支配の悪化が続き、先端技術を用いて中国当局が「国民を制御し、抑圧している」と非難。新疆ウイグル自治区でのウイグル族弾圧に関わった人物への制裁強化などを米政府に提言した。一部はすでに実行に移されており、中国の反発は確実だ。

報告書は18年8月~19年8月を対象とした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン