海賊版サイトの配信中継企業を提訴も

2020/1/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インターネット上の海賊版サイトを巡ってはサイト運営者が発信元を隠蔽するケースが多く、捜査当局の摘発や民事訴訟に時間がかかるとされる。早期に被害を抑止するため、サイト運営に使われるサービスを提供するプラットフォーム企業に法的措置を取り、運営を抑止しようとする動きも出ている。

出版社の竹書房(東京・千代田)と漫画家の男性は7日までに、海賊版サイトに配信中継サービスを提供し、著作権侵害に加担していると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]