/

この記事は会員限定です

日韓「AIが技術の要に」 経営者アンケート

中国、ロボなど幅広く

[有料会員限定]

日本経済新聞社が中国、韓国の有力紙と実施した「日中韓経営者アンケート」で、今後の企業活動で最も重要な新技術に「人工知能(AI)」を挙げたのは韓国で67%、日本で55%に達した。中国も30%だったが、日韓より多彩なテクノロジーに分散し、幅広い領域の技術力でトップを目指す国家の戦略を映している。(1面参照

日韓ではAIに関心が集中した一方、中国企業はロボット(11%)、ブロックチェーン(分散型台帳、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン