日本語堪能 外国人橋渡し 荘内・北都銀、幹部候補 需要高く

2020/1/8付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

フィデアホールディングス傘下の荘内銀行と北都銀行は、高度な知識や技能を持つ「高度外国人材」の紹介サービスを始める。人材紹介会社のゴーウェル(東京・中央)と業務提携し、日本語が堪能な留学生らを企業に紹介する。海外進出した企業を中心に、幹部候補生になる外国人材の需要が高まっている。両行は人材紹介を通じ、企業の採用を支援していく。

8日にゴーウェルと業務提携の契約を結ぶ。両行は外国人材を採用したい企業…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]