/

この記事は会員限定です

不正金銭受領で有識者委設置 旭川医科大、防止策議論

[有料会員限定]

教授の不正報酬受領が相次いで発覚した旭川医科大(北海道旭川市)は7日までに、教職員の服務規律徹底のために有識者委員会を昨年12月26日に設置したと発表した。コンプライアンス違反の未然防止策や兼業の適正な在り方を議論。大学関係者が不利益を被らずに不正を知らせることができる内部通報制度の強化も検討する。

同大の顧問弁護士によると、委員会は東京都の弁護士や付属病院の院長ら計3人で構成。第1回会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン