/

この記事は会員限定です

海外拠点から被害拡大 規制への対応も課題

[有料会員限定]

人材確保に匹敵する難題が、海外子会社や取引先の管理だ。シーサートを作っても、中核本社を守るだけでは意味がない。管理が甘い海外拠点を踏み台にして侵入を試みる「サプライチェーン攻撃」への対策が急務になっている。

17年、日立製作所の社内ネットワークに「ワナクライ」ウイルスが蔓延(まんえん)し業務に支障が生じた。発端は、欧州のグループ会社の顕微鏡が攻撃されたこと。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン