/

この記事は会員限定です

メモリー、サーバー復調で上昇期待

<2020年 市況を読む>(1)5G、国内需要まだ限定的

[有料会員限定]

東京五輪や船舶燃料の環境規制など内外の商品市況に影響を及ぼす事柄が多い2020年。米中貿易摩擦に伴う世界景気の行方や消費増税後の国内消費の趨勢も含め市況をどう見通すか。キーパーソンに聞いた。

――GAFA(米グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)などIT(情報技術)大手の大量調達で空前のバブルとなったDRAMなどの半導体メモリー市況ですが、19年は一転不振続きでした。豊田通商子会社で幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン