徳島大正銀が営業開始 強み持ち寄り関西で攻勢

2020/1/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

トモニホールディングス傘下の旧徳島銀行と旧大正銀行が1月1日に合併して誕生した徳島大正銀行が6日、営業を開始した。四国と関西をまたぐ「広域地銀」として、資金需要が見込める関西で攻勢をかける。徳島県に本社を置く中小企業の関西進出を支援するなど、旧2行の得意分野や情報を共有することで、金融機関がひしめく関西での存在感を高めていく。

6日午前、徳島市にある本店で営業開始を祝う式典があり、吉岡宏美頭取(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]