倉庫精練、上場廃止猶予期間入り

2020/1/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東京証券取引所は6日、繊維加工の倉庫精練が今月から上場廃止の猶予期間に入ったと発表した。2019年12月の時価総額が基準の10億円に満たなかったため。最長で今年9月末までに、月平均と月末時点の時価総額が10億円以上を回復し…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]