/

この記事は会員限定です

イラク議会「米軍撤収を」

決議案採択、米イラン対立が波及

[有料会員限定]

【テヘラン=岐部秀光】イランの隣国であるイラクで5日、緊急招集された議会は、米軍を念頭に外国部隊の駐留を終わらせる決議案を採択した。米国とイランの対立は、イラクから米軍が完全に撤収を強いられる可能性に発展した。イラクのイスラム教シーア派主導の政権がイランとの一体化を進めている状況を浮き彫りにした。イランによる米国への報復を間接的に支持する意味合いも込められているもようだ。(関連記事総合面に

イラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン