圧電材料使い有機合成

2020/1/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

北海道大学 伊藤肇教授と久保田浩司特任助教らは、圧力を加えると発電する「圧電材料」を使って有機合成をする手法を開発した。反応させたい化合物と容器に入れて振ると、その衝撃で化学反応が進む。毒性のある有機溶媒を使用しないですむ。企業と協力して5年後の大型化を目指す。

化学製品や医薬品の合成は一般に、もとになる化合物を有機溶媒に溶かして反応させる。有機溶媒には毒性があり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]