/

この記事は会員限定です

慶大と日東電工、低ノイズのプラ製光ファイバー開発

[有料会員限定]

慶応義塾大学の小池康博教授らと日東電工は共同で、高速通信に適したプラスチック製の光ファイバーを開発した。内部を通る光の向きを整える工夫をして、誤った信号を送る割合を従来のガラス製の1万分の1以下にした。同社が2020年度にも実用化する。

高速通信などで使われる光ファイバーは一般にガラス製だ。ノイズ除去に特殊な加工が必要でコストがかかり、折れやすく扱いも難しい。代替として期待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン