/

この記事は会員限定です

5G関連、株高けん引

アドバンテスト、時価総額伸び首位 変わる評価基準

[有料会員限定]

2019年の日経平均株価は年間で18%上昇し、東証1部の時価総額は655兆円となった。株高をけん引したのは次世代通信規格「5G」の関連銘柄だった。世界的なESG(環境・社会・企業統治)の潮流も大きなテーマで、統治改革が進んだ企業が評価された半面、不祥事を起こした企業には厳しい目が向けられた。株価の一段高には19年の出遅れ業種の挽回がカギになりそうだ。(1面参照

時価総額1兆円以上の企業のうち、昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン