/

この記事は会員限定です

働き方・霞が関の非常識(3)イクメン推奨に潜む格差

中核業務との両立難しく

[有料会員限定]

2019年は育児に積極的な男性を意味する「イクメン」の風が霞が関に吹いた。きっかけの一つは小泉進次郎環境相の発言だ。8月にアナウンサーの滝川クリステルさんとの結婚を発表。その後、小泉氏が育児休業を「率直に検討している」と発言すると、霞が関で賛否の議論が起こった。

「休業するのに周囲からネガティブな反応は全くなかった」。経済官庁に勤める30代後半の男性キャリア官僚は今年、第3子が生まれ、3週間の育休...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン