/

この記事は会員限定です

人工の細胞作り出せる?

生命研究 倫理観に議論も

[有料会員限定]

生きている細胞を人工的に作れないだろうか。「合成生物学」という新分野の研究が世界で活発になっている。日本でも細胞の主要な部品を組み合わせ生物の一歩手前まで迫る成果が出てきた。いまだに謎に包まれている生命の起源を解明する手がかりになると期待が膨らむ。細胞は極微の化学工場ともいえ、産業応用を目指すアイデアも出ている。

神奈川県横須賀市にある海洋研究開発機構の研究室で、車兪●(さんずいに育に攵)(ゆうて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1635文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン