/

この記事は会員限定です

人間の老化現象 3段階説を提唱 米スタンフォード大

[有料会員限定]

米スタンフォード大学を中心とする研究グループは、人間の老化は3つの年齢を境にして加速していくという新説を医学専門誌に発表した。血液中のたんぱく質を分析して34歳と60歳、78歳の頃が転換期になることを見つけた。変化が起きている原因や変化したたんぱく質の役割の解明は今後の研究課題だという。

研究グループは年齢が18~95歳の協力者4263人から血液を提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン