チャートは語る 空からの地方創生(5)空港改革 民営化で加速 経営改善は視界不良

2020/1/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「『何とか酒店』ってどこの居酒屋や」。高松市内の70歳のタクシー運転手は市中心部の瓦町で外国人客に行き先を紙で示され、ホテルと分からずに戸惑ったことがあったという。最近も「言葉が通じず困ることはしばしば」と明かす。

四国を巡る訪日客の空の玄関口として、高松空港に降り立つ外国人は増加の一途をたどる。昨夏から高松に単身赴任している通信会社の40代男性は「空港に外国人しかいないんじゃないかと思うことが…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]