時短柔軟に、出店は抑制 セブン-イレブン・ジャパン 永松文彦社長

2019/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
 セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長とローソンの竹増貞信社長が26日までに、日本経済新聞社の取材に応じた。コンビニエンスストアでは、人手不足に伴う人件費高騰でフランチャイズチェーン(FC)加盟店の事業環境が厳しくなっており苦境が続く。両社長とも加盟店収益の支援策を拡充していく考えを示した。

セブンの永松社長は既存のFC加盟店の支援について、「品ぞろえや営業時間などで個店に寄り添った形にしてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]