/

この記事は会員限定です

民主主義の現場 変わる税・予算編成(下)

予算案決定 年々早まる 官邸主導で折衝短時間に

[有料会員限定]

17日午後、自民党本部6階で中山泰秀外交部会長らが拍手で茂木敏充外相を出迎えた。スペインのマドリードで開いたアジア欧州会議(ASEM)の外相会合から帰国したばかりの茂木氏は予定より15分遅れて外交部会に出席した。

2020年度予算案の外交関係予算の獲得に向け、麻生太郎財務相との閣僚折衝に向かう茂木氏を激励するためだ。「もてぎの『も』は(予算を)もぎ取るの『も』だ」。中山氏はこう訴えて送り出した。閣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン