/

この記事は会員限定です

5G時代、通信の壁破る 予測可能な社会示す好機

高齢化や災害対策にも

[有料会員限定]

次世代通信規格「5G」の本格的なサービスが2020年春、いよいよ日本でもスタートする。データ通信の速度は現行の規格の100倍となり、今後10年の産業や社会を支える基盤になる。現実世界から集めたデータを使ってサイバー空間上で再現する「デジタルツイン」を実現して、日本が課題解決や生産性向上で先進例を示せるか。

メガネをかけると部屋の中が立体的な海の底に様変わりした。現実の景色と重なり、じゅうたんから色...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン