/

この記事は会員限定です

世界景気「悪化」一服

6.6ポイント減、米経済の拡大見込む

[有料会員限定]

企業経営者の景況感の悪化に歯止めがかかりつつある。「社長100人アンケート」で世界景気の現状を聞いたところ「悪化している」との回答は前回調査を6.6ポイント下回る34.7%だった。米中貿易摩擦への懸念などを背景に2018年12月以降増えていたが、米国景気の拡大や半導体市況の回復などを背景に減少に転じた。ただ、中国の景気減速や国内の個人消費の伸び悩み懸念も強い。

関連記事企業1面、詳細を26日付日経産業新聞に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン