/

この記事は会員限定です

澤部肇(24)撤退

かつての主力に時代の波 売却先に自ら移ったリーダー

[有料会員限定]

2005年から06年にかけて、CDやDVDなど記録メディア事業からの撤退を指揮したのが、社長時代の最後の仕事になった。

テープが花形だった時代は利益の7割を稼いで会社の屋台骨であった部門である。ビデオテープの値崩れ、デジタル化による競争力低下と苦労が長かった分、仕事への愛着も団結力も強く、撤退は胆力のいる決断だった。私も長くテープ事業部にいて「拳を固めろ 叩(たた)きのめされても」と、ハウンド・ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン