/

この記事は会員限定です

12月25日 ゴルバチョフ大統領が辞任 ソビエト連邦に幕

[有料会員限定]

1991年12月25日、ソビエト連邦のゴルバチョフ大統領が辞任を表明した。国営中央テレビ・ラジオを通じて約12分間演説し「国の分裂、国家の分裂に同意することはできない」と懸念を表明しつつも、「共同体の成功に全力を尽くす」と苦渋に満ちた心境を語った。同日に核の管理権限をエリツィン・ロシア大統領に移管する大統領令に署名した。ソ連は国家として解体され、消滅した。

ソ連は共産主義圏を広げながら、資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン