/

この記事は会員限定です

パラジウム 騰勢やまず

19年価格回顧(2)年初比6割高、最高値更新

[有料会員限定]

2019年の国際商品市場では原油など多くの商品が米中貿易摩擦を材料にした値動きを見せた。その中で一本調子の上昇を演じたのが自動車の排ガス触媒に使う貴金属のパラジウムだ。自動車の販売不振が続く中でも世界的な排ガス規制の強化を追い風に需要が増え、供給不足が深刻化している。19年は年初比6割高となり、過去最高値圏で年を越す見通しだ。

ニューヨーク市場のパラジウム先物は1トロイオンス1850ドル前後で推移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン