ニューフレアTOB、東芝機械の対応焦点に 東芝、期間延長で

2019/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝は23日、上場子会社で半導体装置を手掛けるニューフレアテクノロジーに実施しているTOB(株式公開買い付け)を2020年1月16日まで延長すると発表した。ニューフレア株はHOYAも東芝より高い価格でTOBをする方針で、ニューフレアの約16%の株式を持つ東芝機械の対応が焦点になっている。

東芝は1株1万1900円でニューフレア株を買い取る。HOYAは20年4月に1万2900円でTOBをする予定だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]