今年の中国新車販売、過去最大の8~9%減

2019/12/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【広州=川上尚志】世界最大の自動車市場である中国の2019年の新車販売台数が、18年比で8~9%程度減り、過去最大の落ち込みになることが確実となった。2年連続の前年割れとなる。景気減速を背景に車の買い控えが広がり、成長が期待された電気自動車(EV)の販売も落ち込んだ。業界団体は20年も19年比2%の減少になると予測している。

中国汽車工業協会によると、中国の新車販売台数は11月まで17カ月連続で…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]