日経平均「前半に2万5000円」多く
主要証券の来年見通し 外需株などけん引役

2019/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年の日本株について、市場関係者の間では強気な見通しが目立つ。主要な証券会社の予想では、年前半にも2万5000円の大台を回復するとの内容が目立つ。世界景気の回復を追い風に、機械や電気機器など外需株が相場をけん引しそうだ。一方、米大統領選が控える年後半にかけては米中対立の再燃懸念もあり、不透明感は強い。

野村証券やゴールドマン・サックス証券など11社の日本株見通しを聞き取り調査した。各社は日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]