/

この記事は会員限定です

変わる公的年金(上)開始年齢の選択幅拡大

75歳から受給 月額84%増

[有料会員限定]

公的年金の新たな制度改正の概要が固まった。柱となるのは(1)受給開始年齢を75歳まで延長(2)中小企業で働くパートへの厚生年金の加入拡大(3)働く60歳代前半の年金減額縮小――の3つだ。厚生労働省は2020年の通常国会への改正法案の提出をめざす。公的年金の支給額と負担がどのように変わるのか点検する。

公的年金を受け取り始める年齢は65歳を基準に60~70歳の間で選べる。今回の制度改正でめざすのは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン