/

この記事は会員限定です

広がるハラスメント

意見噴出、対応も試行錯誤

[有料会員限定]

2019年はハラスメントに揺れた1年だった。「パワハラ」や「セクハラ」から、店員がお客に理不尽な要求をされる「カスタマーハラスメント(カスハラ)」、妊娠中の女性などへの配慮を欠く「マタニティーハラスメント(マタハラ)」まで多岐にわたる。短文投稿サイト「ツイッター」では被害者の声や政府の対応策などについて様々な意見が飛び交った。

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(東京・品川)が「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン