特許庁でも審査に活用

2019/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

特許や商標の出願を受け、審査する側の特許庁でも業務にAIを活用し始めている。出願件数が増え、審査官が参照しなければいけないデータが膨大になっているためだ。AIの活用で業務を効率化し、審査官の負担を軽減する狙いもある。

2018年から試験的に導入されているAI活用は、審査官の調査や照合作業をサポートするものだ。膨大な文献を調べて出願内容と重複する技術が過去に存在したかを調べたり、特許出願された技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]