/

この記事は会員限定です

特許庁でも審査に活用

[有料会員限定]

特許や商標の出願を受け、審査する側の特許庁でも業務にAIを活用し始めている。出願件数が増え、審査官が参照しなければいけないデータが膨大になっているためだ。AIの活用で業務を効率化し、審査官の負担を軽減する狙いもある。

2018年から試験的に導入されているAI活用は、審査官の調査や照合作業をサポートするものだ。膨大な文献を調べて出願内容と重複する技術が過去に存在したかを調べたり、特許出願された技術の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン