/

この記事は会員限定です

空からの地方創生(下)増える「地方から地方」

「松本―福岡」10年で6倍 路線開拓が奏功

[有料会員限定]

地方と地方を結ぶ空路が活況だ。2018年度の新千歳―函館便の利用者は08年度の60倍となった。松本(長野)―福岡便は6倍超、名古屋―山形便も4倍近い。羽田など主要6空港を除いた56空港を発着する定期便の18年度の利用者は08年度に比べ33.2%増と伸びた。新興航空会社の路線開拓もあってインバウンド(訪日外国人)を含む移動需要をつかむ。

国土交通省「航空輸送統計」などを基に主要6空港や離島を除く56...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン