/

この記事は会員限定です

接待、費用対効果に陰り

売上高10万円生む交際費、2割高く 対面営業力弱まる

[有料会員限定]

企業が売り上げ増を狙い、顧客の接待に使う交際費。近年は減税の効果もあって伸びが続いたが、費用対効果(コストパフォーマンス)に陰りが見える。政府・与党は資本金100億円超の大企業への減税を2019年度いっぱいでやめ、スタートアップ企業との連携など成長投資を後押しする減税の財源とする。企業の接待に影響が出るかもしれない。(八十島綾平)

税法では交際費を税務上の赤字(損金)として扱うことは原則認めていな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン