/

この記事は会員限定です

粗鋼生産、1億トン割れへ 今年、国内10年ぶり

需要減や災害で

[有料会員限定]

2019年の国内粗鋼生産量は10年ぶりの低水準となる見通しだ。リーマン・ショック直後の09年以降で初めて1億トンを下回る公算が大きい。米中貿易戦争の長期化による需要減に加え、災害や生産トラブルも重なった。業界再編が進む中国では、今後、上位の鉄鋼メーカーの生産量が1社で1億トンを超える可能性もある。中国勢との規模の格差が拡大する中、日本勢は量から質への転換を一層求められそうだ。

日本鉄鋼連盟(鉄連)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン