/

この記事は会員限定です

「再生誘導医薬」広範に 膝関節の障害で臨床研究計画

がんリスク軽減も期待 iPSより低コスト

[有料会員限定]

薬を患者に投与して傷ついた組織や臓器の再生を促す「再生誘導医薬」の対象となる病気が広がってきた。臨床試験(治験)が進む皮膚の難病や脳梗塞に加えて、新たに膝関節の障害で臨床研究が計画されており、肝硬変の治療に向けた動物実験も進行中だ。遺伝子を導入するiPS細胞よりも治療費が抑えられ、がんのリスクも小さくなると期待されるため、実用化すれば再生医療の主役に加わる可能性もある。

再生誘導医薬は大阪大学の玉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン