/

この記事は会員限定です

日イラン首脳会談 首相、核合意逸脱に「懸念」

ロウハニ大統領、自衛隊派遣を「理解」

[有料会員限定]

安倍晋三首相は20日、首相官邸でイランのロウハニ大統領と会談した。日本の船舶が安全に航行できるように中東に自衛隊を派遣する方針を説明し、ロウハニ師は理解を示した。首相はイランが米欧などとの核合意の履行を段階的に逸脱していることに「深刻な懸念」を伝え、国際原子力機関(IAEA)と協力する重要性を訴えた。

ロウハニ師の来日はイラン側が打診した。イラン大統領の来日は2000年のハタミ大統領以来19年ぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン