/

この記事は会員限定です

女性医師、診療科に偏り

昨年末 皮膚科や産婦人科多く

[有料会員限定]

2018年末時点の国内の医師数は32万7210人で、2年前の前回調査から7730人(2.4%)増えたことが19日、厚生労働省が公表した「医師・歯科医師・薬剤師統計」で分かった。女性は7万1758人で前回調査から4265人(6.3%)増え、全体の21.9%を占めた。ただ女性は皮膚科や眼科、麻酔科に多いなど、診療科による偏りが大きい。

外科や救急科は男性が9割近くを占めており、急患や宿直など勤務が不規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン