/

この記事は会員限定です

イクシス、高所点検に専用ロボ

橋や道路向けに

[有料会員限定]

ロボット開発のイクシス(川崎市)は橋や道路など高いところにある構造物を点検できるロボットの販売を始めた。3D(3次元)スキャナーでコンクリートのひび割れなどを簡単に把握できる。短時間でデータが取得できることを売りものに、インフラの保守・点検の需要を取り込む。

ロボットは横幅が約30センチメートルで奥行きが約50センチメートル、高さは約180センチメートル。先端に3Dスキャナーを搭載しており、標準タ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン