/

この記事は会員限定です

「再循環の優等生」争奪戦

廃プラリサイクル 迫られる再構築(下)廃ペット値上がり、供給懸念も

[有料会員限定]

家庭から出たペットボトルを再生事業者に譲渡する日本容器包装リサイクル協会(東京・港)の入札。9月に公表した2019年度下期の落札結果に「異変」が起きた。再生事業者が有償で引き取る廃ペットの価格が1キロ44.599円と、19年度上期より3.5円も高くなったのだ。

落札価格はポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂の価格にほぼ連動してきた。貿易統計のPET樹脂の輸入単価は7~9月が1キロ121円程度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン