/

この記事は会員限定です

難民と緒方貞子先生 日本国際問題研究所理事長 佐々江賢一郎

[有料会員限定]

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、今日世界の難民は約2600万人おり、その半数近くが子供である。また、これに国内避難民などを加えれば全体の避難民は実に約7000万人にのぼる。

昨年秋に他界された緒方貞子元難民高等弁務官は当時補佐官を務めた私にとっては教えを乞い、敬愛する先生であったが、難民にとっては洗礼名マリアの如(ごと)き救い人であった。世界の人々にとっては、多くの人道上の危機に立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン