/

この記事は会員限定です

富山県、悩める求人倍率首位

小売り増床で争奪戦/人気の製造業は失速

[有料会員限定]

富山県は10月の就業地別の有効求人倍率で全国首位になった。ただ、内実をみると、求人と求職のギャップが鮮明だ。卸売・小売業は増床が相次いだ大型商業施設を中心に求人が旺盛だが、人が集まらない。一方、人気が高い製造業は米中摩擦の影響で減り続け、採用意欲がいつ回復するか不透明だ。以前なら地域の好況を意味した「首位」の座だが、今はあまり喜べない状況にある。

富山市にある平和堂系の商業施設「ファボーレ」。10月の増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン