/

この記事は会員限定です

神戸の郊外駅近、マンション誘う 市「1850戸供給目標」

都心部とバランス探る

[有料会員限定]

神戸市は18日、郊外駅近くの市有地を提供し、2024年までに1850戸分(約5000人分)の民間マンション整備を目指すと発表した。都心部でタワーマンション建設を規制し、郊外に若年層を呼び込む政策の一環。ニュータウンの既存住宅についても売買を活発にするため、20年度に専門家による相談窓口を設置する。

市営地下鉄西神・山手線の名谷駅(須磨区)、終点の西神中央駅(西区)、JR垂水駅(垂水区)の3駅周辺で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン