/

この記事は会員限定です

一般会計102兆6600億円

来年度予算案、税収は1兆円増

[有料会員限定]

政府は18日、2020年度当初予算案の一般会計総額を過去最大の102兆6600億円程度とする方針を固めた。高齢化による社会保障費の伸びは4千億円程度に抑えるが、幼児教育と保育の無償化にかかる費用などが年間を通して必要となり膨らむ。当初予算として2年連続で100兆円を超え、歳出が一段と膨張する。

麻生太郎財務相と高市早苗総務相による最後の閣僚折衝が18日午前に行われ、予算案全体が固まった。税収は約1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン