/

この記事は会員限定です

聖火渡し方に地域色

長崎 遣唐使船で/北海道 馬と一緒に

[有料会員限定]

2020年東京五輪の聖火リレーでは、トーチを持って走るだけでなく、ユニークな聖火の受け渡し方も登場する。

目立つのは船だ。長崎市では遣唐使船に、沖縄県座間味村では伝統的に漁で使われてきた「サバニ」と呼ばれる小舟に乗ってのリレーが予定されている。

大分県臼杵市、広島市では日本独自の水泳法である「日本泳法」を取り入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン