/

この記事は会員限定です

社会を変えるDXの力 第一三共会長 中山譲治

[有料会員限定]

第一三共の社長になってから、「薬の仕組み」や製薬企業で働く人の想いを世の中に伝えたいと思っていた。新本社が東京・日本橋にできた機会に「くすりミュージアム」を1階に造った。小学生から大人までが楽しめる施設にした。2012年の開館から来館者数は順調に伸び、3年で年間1万4千人に達した。3年横ばいの後、また増えて2万4千人に達した。理由を聞くと、来館者の方々がインスタグラムやツイッターなどで情報発信した結果だと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン