/

この記事は会員限定です

米政府、アフガン戦況を隠蔽か

劣勢示す文書を米紙報道 米軍撤収に拍車も

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米国の歴代政権が2001年に始まったアフガニスタン戦争の劣勢を隠蔽した疑惑が浮上している。複数の元政府関係者が軍事作戦の成功を装うため統計データなどが歪曲(わいきょく)されていたと証言する内部報告書が明らかになった。トランプ大統領はアフガン戦争に関与を薄める方針を示しており、米軍のアフガン撤収にいっそう傾く可能性がある。

米紙ワシントン・ポストは12月上旬、アフガン戦争に関す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン