目で感じる音空間(5)ハンマースホイ「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」 音楽・文芸批評家 小沼純一

2019/12/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

デンマークの画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864~~1916)には、小さなピアノにむかう女性の、妻イーダとされている、後ろ姿が何枚もある。わたしは、弾いているのではなく、ふと、弾くのをやめた、あるいは、ただ楽器を前に音・音楽を想像している、音のない状態を聴いている女性をみる。それも、すぐそばでなく、部屋ひとつ隔てた、距離のあるあいだに、何かしら微(かす)かな音があるかもしれない、いや、い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]