/

この記事は会員限定です

パワハラ 市場原理で防げ

慶応大学教授(組織マネジメント論) 清水勝彦

[有料会員限定]

厚生労働省がパワーハラスメント(パワハラ)防止にむけ指針の案をまとめた。例えば「必要以上に長時間にわたる厳しい叱責」はパワハラだが実際の判断はケース・バイ・ケースという。労働者側から「パワハラ認定の定義が狭い」、つまりもっと厳しくすべきだと批判が出ている。

案では「平均的な労働者の感じ方」も認定基準とすべきだとしている。だが全員が納得する「決まり」ができるのだろうか。実際にパワハラを受けた社員の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン