銀行インフラ握るNTTデータ 公取委が照準
新規参入阻む恐れ

2019/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

銀行と公正取引委員会の対立の構図が鮮明になってきた。銀行が「全銀システム」を含む決済インフラを「独占」していることが、フィンテック企業の新規参入を阻んでいると疑う公取委に対し、銀行業界が反発を強めている。浮かび上がるのはNTTデータの存在だ。公取委の動きは銀行とNTTデータの蜜月関係にメスを入れる可能性がある。

「NTTデータが最後の『岩盤』だ。あそこが価格を下げてくれない限り、オープンAPIは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]