静岡で「分散型ホテル」 CSA不動産、タミヤなどと連携 オフィスの空き室リノベ

2019/12/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

不動産仲介・観光開発を手掛けるCSA不動産(静岡市)は、プラモデルメーカーのタミヤ(同)、魚料理店「のへそ」を展開するサクラプランニング(同)と組み静岡市街地で分散型ホテル事業を始める。オフィスビルなどの空き室をリノベーションし、客室としてエリア内に点在させる。旅行客の回遊性を高め、市街地の活性化を図る。

事業名は「ビル泊(ぱく)」とし、すでに商標登録を済ませた。まず2020年春に静岡駅北側のエ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]